FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子に「器(うつわ)が小さい人だなぁ」と思われるメール9パターン

モテる男性の条件としてよくあげられる「包容力」。裏を返せば、心の狭い男性は嫌われやすいのかもしれません。何気なく送ったメールのせいで「小者」だと誤解されるのは避けたいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、どんなメールに対して「器(うつわ)が小さい人だなぁ」と感じるのか、本音を聞いてみました。



【1】返信が途切れたときの「俺、何か怒らせるようなことした?」とうろたえるメール

「返信が遅れたくらいでオロオロしないでよ…」(10代女性)のように、心配もいきすぎると小心者に見えてしまうようです。メールが途切れても慌てず、女の子のペースに合わせる余裕がほしいところです。

【2】「今どこで何しているの?」など、女の子の状況を把握したがるメール

「何してたっていいじゃん! 付き合ってもないのに彼氏ヅラ?」(10代女性)のように、状況確認のメールをたびたび送られると、束縛されている気分になるようです。深く考えずに送ってしまいがちな内容なので注意しましょう。

【3】ジョークに対して、「そんな冗談に付き合うヒマはない」などと本気で怒るメール

「カリカリしすぎ。キャパも小さすぎ!」(20代女性)のように、ユーモアのセンスどころか包容力もない男だとレッテルを貼られてしまいます。どんなに寒いギャグであっても、笑顔の絵文字を使って返信するくらいの余裕を見せましょう。

【4】ちょっと返信が遅れただけで、「返信はなしか…」とふてくされるメール

「返信前にメールされるだけでもウザいのに、子どもみたいにすねられてイラッ!」(20代女性)のように、思い通りにならないことにすぐに腹を立てる男だと思われてしまうようです。返信を急かさず、じっと我慢する忍耐力を身につけましょう。

【5】「今日ムカつくことがあってさ」などの愚痴メール

「他人を許す気がない証拠。そんなに毎日嫌なことは起こらないと思う」(20代女性)のように、寛容さのかけらもない男だと思われてしまうようです。一日の中で起こった楽しいことに目を向け、メールの内容もポジティブなものにしましょう。

【6】「ごめんね、メールつまらなかった?」などすぐに謝るメール

「相手を気にしすぎ! もっと堂々としたらいいのに」(20代女性)のように、謝りすぎると男らしさのかけらもないという印象を与えてしまうようです。明らかに自分に非があるときは別として、むやみに謝るのは控えましょう。

【7】「この前の120円返してもらえる?」など、数十円単位まで書かれたお金の催促メール

「そのぐらいは出してもくれてもいいんじゃ…」(10代女性)のように、細かいお金をキッチリ取り立てようとするメールにドン引きする女の子もいます。メールでお金を請求するくらいなら、最初から貸さないようにした方がよさそうです。

【8】「今、メールしても大丈夫?」など、いちいち許可を取るメール

「最初はやさしいと思うけど、だんだんウザくなる」(20代女性)のように、何かにつけて許可を取ろうとするメールも小心者に見えるようです。メールをしていいかどうかは自分で判断しましょう。

【9】「もう俺はダメなのかもしれない」など、ヘコんでいることをアピールするメール

「なぐさめてほしいんでしょうけど…情けない!」(20代女性)のように、落ち込んだ感じのメールは、ただ頼りないだけの印象を与えてしまうようです。メールで弱音を吐かないのはもちろん、逆に女の子をなぐさめる余裕が必要かもしれません。

他にはどんな「女の子に『器(うつわ)が小さい人だなぁ』と思われるメール」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)


http://www.sugoren.com/report/entry_1474.php
※この記事の著作権は配信元に帰属します


これは、言われるとキツイですなぁ。。。


“なぜかモテる”女子の謎。モテるために大切な3つの法則

開放的な恋の季節なのに、「どうせわたしはモテないし」とくすぶっている女子が多くない?
恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士は「モテるのは、実はそんなに難しいことではありません。次の3つの法則を守れば、どんな女性でもすぐにモテはじめます」と言う。さて、その極意とは・・・?

モテの法則(1)1人の相手に執着しない

1人の相手を想い続けるのはロマンティックだけれど、モテたいのなら卒業を。それは、モテる人には“諦めが早い”という共通点があるから。ダメそうなら早めに手を引き、ほかの人に目を向けるフットワークの軽さ&割り切りのよさは、恋の相手候補を増やすために重要なこと。

モテの法則(2)自分が“何系”なのかを把握してターゲットを絞る

例えばトマト系のパスタが好きな人は、お店に種類豊富なメニューがあったとしてもボンゴレなどほかのパスタを選ぶことはなく、高い確率でトマト系を注文するはず。これと同じで、人の好みは変えられないものなのだそう。コンサバ好きな男性はなかなか森ガールをチョイスしないものだし、森ガールがその彼にアタックしても、成功率は低い。また、森ガールがその彼の好みに無理やり合わせてコンサバ系に変わろうとしても、自分と違うので、長く続けられず失敗してしまいがち。むしろ自分が森ガールなのであれば、森ガール好きな男性を引き付けるように意識することが、モテへの近道。自分が“何系”の女子なのかをしっかり認識したうえで、ターゲットとなる男性を絞り込んで。

モテの法則(3)極めずに“ほどほど”をめざす

「モテるためには誰よりもかわいくなるべき!」と思い込みがちだけれど、モテることが目的なら“最高の美”を追求する必要はないのだそう。なぜなら男性は、ある一定以上の水準にいればそれ以上はあまりこだわらないもので、それは、本格的なインドカレーよりも日本人向けに作られたカレーの方が多くの人に好まれる傾向があることと同じ、というわけ。完璧なファッションや美しさを極めたメイクなどは、男性に“敷居の高さ”を感じさせるだけ。モテたいなら“ほどほど”にしておこう。

周りの“モテる女子”を観察すると、この法則が当てはまることに気付かない? ダイエットやエステ、モテるファッションに走る前に、まずはこの3つを実行して、モテ女子をめざしてみて!

http://www.ozmall.co.jp/ol/ozneta/20110701o/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


即、実践!!

大多数の女性が大絶賛する香水『ストーリア』がスゴイらしい / つければモテるってこと?

香水は、なにも女性だけのものではない。紳士にとっても重要なアイテムである。

だが香水をつけるとき、注意したいのはその香りだ。

「自分が好きな香りだから」というのであればそれでいいが、周囲の人たちに好印象を与えたいのであれば、香水の種類は慎重に選んだほうがいいだろう。その対象が女性であればなおさらだ。

女性が好む匂いを徹底的に調査(リサーチ)し、多くの女性が「この香りが好き♪」と選んだ香水があるという。それがプレミアムパヒューム『ストーリア』だ。つまり、この香水をつけたあなたに対して、女性が振り向く可能性があるということになる。

女性の多くが好きな香りであれば、あなたが放っている香りに「あっ、いい香り♪」と女性が思うのは必然的なこと。場合によっては、自分に対するイメージを好印象に導くこともできるはず。

加齢臭対策に使用している人や、合コンにつけていく人、狙っている女性とのデートにつけていく人など、さまざまな使い方があるようだが、日常的に使用しているという人もいるようだ。

ためしに記者(男性・25歳)も『ストーリア』をつけてみた。

その香りは、ひとことで言えばグリーンシトラス! 爽やかで強すぎず、男が嗅いでも好感が持てる。かといって甘い女の香りではない、オトコを感じさせる香りだ。

そして女性に嗅がせてみたところ……

「わぁっ、いい香りですね♪ これ好きかも……なんて香水ですか」

「ドキドキする~! ついて行きたくなる男の香りだわ。マジで」

と上々の反応。

他人が好きな香りは、自分ではなかなかわからないものだ。しかし、実際にリサーチをして多くの女性が「好きな香り」と判断したのだから、そのヒット率は高いのではないだろうか。まったくモテない! と嘆いている人はこのような香水を試す価値があるかもしれない?



http://news.livedoor.com/article/detail/5818700/
※この記事の著作権は配信元に帰属します







たけし 紳助さん引退「全然わかんない」

 タレントのビートたけし(64)は、TBS・MBS系「情報7daysニュースキャスター」に出演し、

島田紳助さん(55)について「漫才ブームのときくらいしか紳助を知らない」と話すにとどまった。

 ビートたけしは紳助さんの引退について「全然わかんないんだよね」と明言を避けた。

 引退発表会見は見たと明かしたが「いろんな所で

『本当はどうなんだ』と聞かれるんだけど、漫才ブームの時くらいしか紳助のことは知らないんだ」と

近年の付き合いがなかったことを明かした。「全然分からないから、どちらの味方につくこともない。

『味方』というものもないけど」とコメントした。

 また、自身にも以前、暴力団関係者から「会ってみたい」とアプローチがあったことを告白。

仕事を理由に避けていたが避けきれなくなり、雑誌の対談として公に対面することで

黒い交際に発展することを避けた“対処法”を語っていた。


http://news.livedoor.com/article/detail/5816554/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


(^▽^)まぁ色々ある罠


女性とのメールにおいて、ありがちな「男の勘違い」8パターン

女性からもらったメールを読んで、「もしかして、俺のこと好き?」と感じたことはありませんか? しかしそれが、一方的な思い込みだったら、なんともみじめな話です。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の女性に聞いた「メールでありがちな『男の勘違い』」について、まとめてご紹介します!
【1】アドレス交換しただけで、「俺に気がある?」と期待する。

「ノリでメアド交換しただけの男性から、『メール待ってたよ。もしかして緊張して送れなかったの?』というメールが来た。気持ち悪い」(10代女性)など、メールアドレスを教えあっただけで「気がある」と勘違いされた体験談が多く寄せられました。「『女の子とメールできる』ってだけで舞い上がっちゃう男は、みっともない」(20代女性)というように、あからさまにウキウキしている様子を見透かされないよう、少しは気を引き締めましょう。

【2】体調を気遣ってもらい、「自分だけに特別に優しい」と思い込む。

「風邪で欠勤した同僚に『大丈夫? 早く元気になって』とメールしたら、次に会ったときにわざとらしい態度を取られた」(20代女性)など、真心から体調を気遣っただけなのに、男性が深読みしてしまうケースです。「あとから『そういうつもりじゃなかった』なんて弁解するのも変だし…」(20代女性)と女性を困惑させてしまっては、その後の関係に支障を来しかねないので、自意識過剰に反応しがちな人は気をつけたほうがよさそうです。

【3】丁寧に書かれたお礼メールに「特別な感情が込められている」と誤解する。

「会社の人から旅行のお土産をいただいたので『今度パリの土産話を聞かせてくださいね』とお礼のメールを送ったら、延々とフランスのすばらしさを語り、『次回は君を連れて行きたい』と締めくくる返事が来た。重い…」(20代女性)など、単なる「お礼」を「自分への興味の表れ」だと思い込む男性は、意外と多いようです。礼儀正しい女性ほど、丁寧なお礼メールを送ってくるものだと割り切り、過度の期待を抱くのはやめておきましょう。

【4】褒め言葉を「好きという気持ちの強いアピール」だと認識する。

「話の流れで『すごい』と褒めたら、脈があると感じたのか、突然、告白された」(10代女性)、「『かわいいね』というメールが来たので、お返しに『そっちこそセンスいいよね』と送ったら、『簡単な女』みたいに思われた」(10代女性)など、ただの褒め言葉を、男性がものすごくポジティブに解釈してしまうパターンです。プラス思考は悪いことではありませんが、度が過ぎると人に迷惑をかけるおそれがあるので、ほどほどにしておきましょう。

【5】親身になって励ましてくれたのを「俺に対する愛情だ」と解釈する。

「体育祭の前日に『リレーがんばってね!』とメールした相手が、『あいつ、俺のことを好きらしい』と周囲に相談していたと知った。最悪!」(10代女性)、「就職活動がうまくいかない後輩を励ましたら、『そんなに優しいのは、自分を好きだから?』と言われた」(20代女性)など、純粋な応援に対していい気になってしまう例です。親身になってくれた女性を不愉快な気持ちにさせては失礼なので、謙虚な気持ちを忘れずにいたいものです。

【6】「遊びに行こう」という誘いを、「二人きりでのデート」だと早とちりする。

「『明日、海行くよ』というメールにノリノリで返信してきた男友達が、待ち合わせ場所に大勢いるのを見てがっかりしていた」(10代女性)、など、誘いのメールを頭から「デートだ」と確信してしまう男性は少なくありません。「いつものメンバーで行くつもりで『晩ご飯どう?』と誘ったら、『二人で?』と即レスしてきた男。彼女いるくせに!」(20代女性)というように、露骨にガツガツする男性は、いい印象を与えないので注意しましょう。

【7】「今度飲みに行きましょう」という社交辞令を真に受ける。

「取引先の男性に『そのうち飲みに行きたいですね』と送ったら、かなり高級なレストランに誘われて、まずいと思った」(30代女性)、「『本場のお好み焼きって憧れなんです!』と調子を合わせただけなのに、大阪出身の男の人から『自分が作ってあげる』としつこく迫られた」(20代女性)などの発言からわかるように、会話をスムーズに運ぶため、「社交辞令」を駆使する女性は多いものです。「本音と建前」を見極める冷静さを心がけましょう。

【8】ハートマークを「明らかな好意」と受け止める。

「ハートマークを入れると、男はすぐに勘違いする! 女の子は普通に飾りとして使うのに」(10代女性)、「友達に使うノリでハートマークを散りばめたメールを先輩に送ったら、即告白された」(20代女性)など、「ハートマーク=好意」と認識する男性は非常に多いようです。しかし深い意味はなく使われることも少なくないので、行き違いを避けるためにも、とりあえず「女性のメールのハートマークは、ただの装飾」と肝に銘じておきましょう。

身に覚えのあるエピソードはありましたか? 女性のタイプによって、ほかにもさまざまな「勘違いしてしまいそうなポイント」があると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。 (松田 久美子)


http://www.sugoren.com/report/post_1145.php
※この記事の著作権は配信元に帰属します



あるある、私もよく引っかかりますw


プロフィール

セラヴィ

Author:セラヴィ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2
RSSリンクの表示
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
交際クラブ情報がありましたら、こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。