FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達だと思っていた男性に対して、「ヤバイ、惚れそう…」と胸キュンした瞬間9パターン

【1】話をしっかり聞いてくれて、面倒くさい質問でも嫌がらずに答えてくれたとき

「ちゃんと答えてくれる姿勢に誠実さを感じたから」(20代女性)と、男性の優しさに惚れるようです。好意を抱いている女性の話にはきちんと相づちを打ち、面倒な話題でもはぐらかさず、まじめに答えると、好感度がアップするでしょう。

【2】食べたいもの、行きたい場所など考えているものが一緒だとわかったとき

「『感性が似てる!』と運命を感じる」(20代女性)というように、同じ価値観を持つことを知り、一緒にいて楽しめそうだと妄想する女性が多いようです。考えが同じという場面に何度も遭遇する女性がいたら、少し接近してみてはいかがでしょうか。

【3】仕事で明らかにイラつくことがあっても、楽観的だったとき

「上司の尻拭いをさせられた後でも、『オレのレベルがまた上がったな』と笑っているのを見て、恋心が芽生えた」(30代女性)と、男性の懐の広さに感心するようです。イラつくことがあっても、女性の前ではグッとガマンをするとあなたの株が急上昇するかもしれません。

【4】仕事が失敗続きで周りの人にあきれられていた中、優しくフォローしてくれたとき

「この人なら自分をわかってくれそうと思った」(20代女性)と、ささいなフォローを入れられる男性に恋心を抱く女性も多いようです。女性が落ち込んでいると感じたら、「努力していることをちゃんと見ているよ」などと、フォローをすると落とせるかもしれません。

【5】鼻が低くてイヤだな…」と自分に対する愚痴をこぼしていたら、「別にいいじゃん」と言ってくれたとき

「どんな自分でも受け入れてくれそう」(30代女性)と、女性はコンプレックスに感じている部分を肯定してくれる男性にときめくようです。自分の容姿などを気にしている女性がいたら、「そのままのキミで十分」と伝えてあげると喜んでくれるでしょう。

【6】荷物をたくさん持っていたら、手を差し伸べて荷物を持ってくれたとき

「手を差し伸べられると、素直に頼ってしまう」(10代女性)と、男性につい甘えてしまい、心を奪われる女性もいるようです。困っている女性がいたら、言葉で「手伝うよ」と言うよりも、無言で手を差し伸べるほうが甘えてくれるかもしれません。

【7】だいぶ前に、なにげなく話したことをちゃんと覚えていてくれたとき

「自分に関心を持ってくれてるかも、とうれしくなる」(20代女性)と、女性は親近感がわくようです。気になる女性と話をしたいときに、「そういえば…」と、前に聞いた話をネタにすると、女性も「覚えてくれていたんだ!」と感じ、会話が弾むことでしょう。

【8】自分の悪いところを、ストレートに言ってくれたとき

「欠点を言ってくれると意識してしまう」(20代女性)と、他人が遠慮して言わないことをズバッと指摘してくれる男らしさに心が動かされる女性も多いようです。指摘しすぎると、ムカついてしまう女性もいるかもしれないので、欠点を指摘するのは1つまでにしておくといいかもしれません。

【9】「オレとお前って、つき合ってるって噂らしいよ」と笑顔で言われたとき

「私が彼女でもいいと言われてる気がして、好きになっちゃうかも」(20代女性)と、周りに誤解されていても喜んでいる男性に対し、好意を持たれていると感じるようです。気になる女性にアプローチしてもなかなか反応がないときは、このセリフを言ってみるといいかもしれません。

ほかにも、女友達から、「今、胸キュンした」などと言われたシチュエーションがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)



http://www.sugoren.com/report/entry_1506.php
※この記事の著作権は配信元に帰属します





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

セラヴィ

Author:セラヴィ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2
RSSリンクの表示
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム
交際クラブ情報がありましたら、こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。